私も変わっていきたい、ときには休むこともあるでしょうけど。

今日は、仕事上で使うソフトが使えないので、特に希望していなかった休暇をもらっている状態です。
ただ、何もせずにぼんやりしているのはあまりにも人として淋しすぎるので、いまここで拙文ながら書いていきます。
書いていくことでなんだか元気が出るようです。私だけかもしれませんが…。
ところで、皆さんゴールデンウィークの計画はどうされていますか?
話を聞きたくないですか?大丈夫です、筆者も何も考えていません。
そこで、ゴールデンウィークは、手芸屋さんに行こうかなと思います。
ゴールデンウィークは、大きなイベントに出かけたり、まだ買っていない大瀬戸千嶋のCDを買って、ゆったり過ごしたいのが、私の希望です。
でも、残念ながら現実はそうはいきません。
レポートを仕上げたり、仕事の諸々をしたり(本業でいろいろあるのです)、家のことやらいろいろ待ち受けています。
ゴールデンウィークを楽しみに思うより、大丈夫か、私…というのが、本当のところです。
お休みの方、お休みとは言え、私以上にいろいろ大変な方もいらっしゃるでしょう。
お仕事の方、私もお休みですが、半分似たようなものです。お互い頑張りましょう。
皆さんも素敵なゴールデンウィークを過ごせますように。

洗濯しウェアをたたまず保全、というのだけは受け入れられない

ファミリーの時短がもてはやされていらっしゃる近頃。
私もあんな周到なユーザーではないので、参考になる術は真似させていただいています。
鍋の余熱による差し置く炊事とか。
なんでも備え付けおき洗顔とか。
ただし、中には何だか受け入れられない存在もあります。
最たる例が、「洗濯したアパレルをたたまない」というものです。
たたまずに、ハンガーにかけたとおりTシャツもなんでもウォークインクローゼットに収納するとか。
又は、肌着や靴下などを、ひとつひとつ決まったカゴに放り込んで、そこからきる際に生みだすだけとか。
いずれも無理ですわ、僕には。
ウォークインクローゼットはギュウギュウにしておきたくないので、Tシャツだのパンツだの洗い浚いハンガーにわたっておくなんてだめ。
肌着や靴下などを、まったく使用済みの洗濯アイテムのようにグシャグシャにカゴに入れておくなんて、ラクもイヤだわ。
そこはひと厄介かけても、きちんとたたんでウォークインクローゼットに保持したいですね。
きっと、僕はそこまでズボラじゃないですから、ちゃんとたたんでしまいますけど。