大人になってピクチャーブックを掴むことも、良いことだと憧れ始めました。

昨今、画集が明るいというもらい始めました。今までは大人なのに画集を掴むなんて、幾らかダサイような感じがしていました。それでもお友達の分娩祝いで画集を貰うために、書店の画集湾曲を頻繁に訪れるようになってから、大人だからこそ、画集をよむべきなんじゃないかなとポリシーが変わってきました。この間読んだ画集は「はがぬけたよ」(安江リエ作品、山口マオ図解)だ。ホームの口を開けて要る坊やの表情が、甚だ良くてマガジンを読み始めました。読み切るうちに、乳歯が抜けそうで、抜けなくて右往左往していた小学生の時の自分の出で立ちを思い出していました。大人になって現職のことばかり考えていたこちらにとりまして、昔を思い起こす良い機会を得ることができました。乳歯を抜き、永久歯があることが当たり前に過ごしていました。それでも、全ての乳歯を追い抜くまでに、私も色んなことがあったなぁといったしみじみと思い出していました。画集を読むと、大人になって忘れてしまっていたことに気付くことがたくさんあります。