ヤマモモに実は誰が採っていたのか依然として思い付かのです。

ヤマモモの実の色合いは可愛らしい赤だ。でも、ヤマモモの実をちぎったことがありません。少年期、裏山のいたるところを駆け回りました。ヤマブドウ、アケビ、ムべ、キイチゴなど、召し上がることのできる自然の実はほとんど自分たちの手でちぎって食べていました。唯一異例がありました。ヤマモモだ。これがヤマモモの木だと支えが言いました。近くに行ってみました。実はなっていませんでした。機会が変わってまた見に行きました。何となく実はなっていませんでした。それなのに私の婦人は、友人からもらったと嬉しそうに洗って、くだもの酒をつくるのでした。あたいは異常でした。公園でもいる裏山を知り尽くした公園の管理人のこどもでさえ、手に取ったヤマモモを見せてくれなかったのです。恋人にも不可能ときだったのです。子どもながらに思いました。ヤマモモの実は大人がトータル採っていらっしゃるんじゃないかと。今でもそんなに思うのです。ヤマモモだけは売り買いされていたなと思いだすからだ。脱毛ラボ vio 形